株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/8月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-08-18 10:11:00

2018/08/17 継続成長!


朝一は市川駅前店で早朝勉強会開催。第1105回。
その後ストアマネジャー峰元さんから部下報告。
対象的な特徴を持った部下2名の話を聞く。
年齢も特性も異なる人の指導ポイントは当然異なってくる。
部下が面倒を見ている部下への指導も同様。次回からは部下の指導の仕方の指導に変えていく。

サポートセンターに移動して溜まっていた書類のチェック、そういえばここに来るのは1週間ぶりか。
続いて新卒採用役員面接、まだまだ中小企業の採用活動は続きます。

で、間接部門4部門と月次のマネジメントサイクル回し。
なかなか時間や内容が安定しないのは、営業部門と違って「型」を作っていくだけの「量」が少ないからだろう。
つまり、営業部門は複数の店舗があるからチェックする自分も同じ質問を複数に投げかけるのでその分だけ相違点・類似点の数が多く、よって「型」として抑えるべきポイントに気づくのも早くなる。
間接部門はそれぞれ業務の内容が異なり、相当一般化していかないと相違点・類似点を比べることが困難。故にちょっと気を抜くとあっという間に抑えるべきポイントが目の前を通り過ぎていくことに気づいていないということがあるということ。
また、チェックする人数も営業部門はディレクター・チームリーダーと一緒にチェックするので二重三重に実施しているが、間接部門は自分一人でやっているので網の数が少ない。
直接コントロールする金額としては小さな部門だが、ここで営業部門の仕事のやり方が大きく変わることもあるので、しっかりとチェックをしています。

その後、採用活動に役立てたいという採用プロジェクト企画チームのリクエストに従っての取材。
正直、インタビュー受ける直前まで企業様を勘違いしていた。
まぁ、やるからにはちゃんとやりましょう。

からの、介護事業の営業改革についての計画説明をディレクターから受けるが、数字の整合性が取れていないことに気づいてしまう。
総論としては進めることを決定するが、「神は細部に宿る」だ。
ちゃんと仕上げてもらおう。

夕方は市川駅前店に移動し、お世話になっているビル社長様以下幹部の方々と定例の情報交換会。
開店以来17年を超えるお付き合いを、本当に良い形で続けさせていただいている。多くのビルオーナー様にお世話になっているが、これだけの速度と頻度と密度で情報交換をさせていただけるのは本当にありがたいことだ。
先日実施させて頂いた改装工事においても、安心して現場を委ねることができたのも日頃の相互信頼があればこそ。
「相互依存」の良い関係を継続していけるよう、我々の進化を継続していこう。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)