株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2016/5月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2016-05-15 17:32:03

02C お客様第一主義!


弊社の企業理念にある「お客様第一主義」の意味を、まさにズバリと書いてくれている本があったので、その一節を紹介。

---------------------------------------
Consumer Driven Company(消費者視点の会社)であるということは、とにかく消費者の喜ぶことならば何でもしますということではありません。
むやみにコストをかけて消費者の要求に対応するようでは、中長期では消費者価値を生み出すことができなくなるからです。
会社がずっと続いていくためには、様々な制約の中で総合的な判断を重ねていくことになります。
その難しい判断の起点となるのは、結局のところ「どれだけの消費者価値につながるのか」という1点に尽きるのです。

簡単に言えば、会社側のどんな事情もどんな善意も、消費者価値につながらないのであれば(消費者に伝わらないのであれば)、一切意味が無い。
そう腹をくくった意思決定を出来る会社がConsumer Driven Company(消費者視点の会社)です。
---------------------------------------

この「消費者視点の会社」というのが、私の考える「お客様第一主義」です。
良い説明をしてくれる本を見つけた。


よし さん からのコメント

2016/05/18 06:05:19


感想

お客様が言うことを全部聞き入れるとコストもかかりますし時間もかかります。
一人一人の違う性格をもっていて接客業はかなり難しいですが基本が大事だと思います。
笑顔でも無言の接客では意味がない。
無表情で無言の接客はかなり不快感を与えてしまいマイナスに考えるともう同じお店には行かないでしょう。
〈会社側のどんな事情もどんな善意も、消費者価値につながらないのであれば、一切意味が無い。〉はとても大事だと思います。
私は休み中にハップス東寺山店に行きましたが、とても残念な接客を受けました。
もう行きたくないと思ってます。
他のハップスの店舗は利用したいと思いますが東寺山店は利用しません。
わたくしのことをお客様と思ってない行為です。
話しを戻します。
社長の考えはとても勉強になりました。
ありがとうございました。

金光より

よし様、この度はせっかくのお休みの時間を不愉快なものにしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
どんなに教育指導をしていても、お客様に伝わらない結果になってしまったこと、そしてご親切にもご指導を頂いたことを、全社上げての課題と受け止め、真摯に改善と継続に努めてまいります。
この度は貴重なご指摘、誠にありがとうござました。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)