株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2016/9月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2016-09-24 20:29:03

ルール!


今の我々は、比較的安全安心な世情に基づいて生きているからこそ、そうでないシチュエーションを仮定することで、自分達の今の行動を評価する力を伸ばしたい。

ってのが、自分がノンフィクション作品をより好む理由なのかと考えてみる。

http://ashitahenoyuigon.jp/
https://goo.gl/5EEgEf

探せばいろいろ情報意見が見れると思うので、この映画・バックグラウンド自体を論じるのはこのエントリーの本筋ではない。

考えたいのは「ルールを守ることは、『得するのか・損するのか』『正しいのか・正しくないのか』、この2軸が混同している議論とどのように向き合うのか」

直近、パチンコ業界を取り巻く議論(議論そのものに相当なエネルギーを費やしている)に参加していると、起こっている事象を論評することは単純でかんたんであるが、歴史を紐解いてみると自分自身も今持って当事者であるという可能性に気づくことが肝要ではないかと思うわけである。

anyway, この映画を見れる週末の時間に感謝する。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)