株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/5月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-05-11 07:03:31

2018/05/10 現夢同居!


朝一は月に2回の経営会議。
前回指示事項は一部未実施。それが当たり前。
上司の指示を最後まで聞かない部下がいるのは、部下がダメなのではなく、上司の力不足です。

からの銀行訪問4行。
新年度1ヶ月目のスタートの様子を、同じ言葉で伝えていく。
金融機関も我々と同じで、減りゆく需要、増えるライバル、対応に立ちはだかる規制、でも自分達を守ってくれる規制、といった環境の中で行動している経済主体である。
自分が年取ってきたというのもあるかもしれないが、「ビジネスパートナー」という意識が、自分の中で、年々あるべき方向で持てているように感じている。

昼休憩の時間、天気予報に裏切られて雨。傘を持ってこなかった自分の判断が恨まれるぜ。

からの午後は千葉市内で遊技機メーカー営業所訪問。
案件の忙しい先はあえて外し、どちらかというと閑散期にあたっているメーカー様を訪問すると、なお各所長の個性がよく出てくる。
「人治主義」というと、なんだか古臭い・合理的でない、と、ネガティブな捉え方をされる場面が多いかと思うが、実際は人治で収まるのであれば余計な「法」は要らないわけで、どちらが先にあるかといえばまずは「徳」そこから「法」というのが順序のような気がする。話し合えば合意に至る状態にあるのであれば、無理やり法を当てはめる必要はないと思うんだけど、そうでもないのかね。

終了後はサシ飲みタイム、に、一人追加で昨日に続いて夢を語り合う。現実起きていることの問題解決も夢につながっている。
今のままではダメだと愚痴で終わる酒席はもったいない。
ただただ酔っ払って記憶をなくす酒席ももったいない。
お酒の力を借りて情報と感情を交差させる量を増やし、質を高め、より多くの可能性を引き出していく、そんな時間の使い方が、成果につながる。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-05-11 06:51:44

2018/05/09 第一法則!


早朝勉強会@三咲店からスタート。

その後の部下報告では、久々に「枠組みフル無視」の報告を受ける。さすがMさん。
その後の報告内容も、客観的に聞いていると具体性にかけてどんな行動をとったらいいかという具体的なアドバイスに窮する内容も有った。
おそらく本人の頭の中には明確に具体的なイメージが描けているのであろうが、それを形に直すところでギャップが生じているものと考えられる。黄色脳にありがちな事例だ。

「枠組み」「フレームワーク」は、脳の特性にかかわらず、最低限必要な要件を成立させるための「道具」であり、道具を使えば結果が出るのに道具を使わないで結果を得られないのは、実にもったいない。

同様の事例は続いて市川駅前店に移動して行った2019採用の打ち合わせでも発生。
過去の担当者たちが使ってきた道具を引き継ぐことなく、自分の視点で起こった事例を列挙して報告しようとするのだが、それだと漏れや重複が起きやすい。
ので、早速前任者が使っていた道具を引き継ぐことを指示。
使いながら直していくのが近道。

からのサポートセンターに移動して幹部の評価フィードバック7名。
評価をすることは手段であって目的ではない。
単発単発の評価で一喜一憂するのが人の感性ではあるが、大切なことは長期的な成長と成功を得ることに結びついているかどうかである。
業績は目標・手段であり、目的ではない。
何度も何度も手を変え品を変え伝えることで、相手の視線が変わる中で同じ言葉を伝えることで、真意が伝わるというものだ。

全体の営業会議では経営計画書を使って、このあたりの意図を伝える。
5年後に目指す姿を数字を使って何度も説明する。
今月・来月の業績目標はここにつながってるんですよ。

で、グループ懇親会。
新たなお役立ちの種を皆で共有し、育っていく方向を話しすることは夢があって非常に楽しい。あっという間に時間は経って終了。
何やら昨今コミュニケートの機会を設けるたびに「○○ハラスメント」とか作るのが流行りかよ!ってぐらいの空気をマスコミが流しているが、成長は「自分にない要素を受け入れること」で成し遂げられる。単純な熱量保存の法則だ。

自分の意見と合致する人の意見は正しくて、不一致点が目立つ人の意見は間違ってる的な論調の人も多数見かけるけど、実に不毛なエネルギーの使い方だなぁとおもう。
折角なら明るく楽しくエネルギーを使いたいよね。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-05-11 06:27:08

2018/05/08 以心伝心!


新宿ミライナタワーで「社長の決定ソフト長期編セミナー」を幹部とともに受講してきた。
5カ年の損益計画を作成した後、それを実行した場合の各年のバランスシートと資金繰りをシミュレートするこのソフト、今まで社内では自分だけが手がけていたが、少しずつ幹部にも指導していこうと思いたち、指導の仕方を勉強しに行くのが主目的。

講師は名古屋眼鏡の小林社長、現役の社長であると共に、武蔵野さんの経営塾でも数多くの経営者が作成するシミュレーションをチェック指導されている。事例の豊富さ、ロジカルな思考など、自分にないものをたくさん持っている先輩経営者の話は、想定していたよりも上級レベル向けのお話で、同行してもらった幹部は長期のソフトに触れるのがはじめての状態だったので、考え方だけでもわかってもらえれば上出来だ。

教え方の勉強も、客観的に見ているといろいろ気づく点が有った。
自分ができるということと人に伝えられるというスキルは別物で、自分自身も最近は相手に伝える難しさに直面することが間々感じている。
これからは徐々にインプットだけでなくアウトプットする機会も増えてくるであろうから、相手に伝える技術を向上させていきたいと思った。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)