株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/5月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-05-12 06:34:47

2018/05/11 生存理由!


午前中は介護事業FC本部との打ち合わせからスタート。
高齢者の増加は既定路線だし、介護を必要とする人の増加に対して対応するサービスについては財源も人的リソースも供給量が不足することも既定路線。
だからこそスピードでこの需給ギャップに対応するチームを大きく育てていく必要がある。
利益はそのための「条件」であり、利益が出ないのもダメ・拡大しないのもダメ。社会的要請に応えられているかどうかの指標が「増収増益」だということ。
繰り返しになるが「増収増益」は、目的ではなく条件である。

続いてパチンコホール設備でお世話になっている業者様の来訪、様々な事業展開の情報を頂く。
「娯楽」とういうくくりで考えればこちらの業界もまだまだ需要は増え続ける。「ぱちんこ」というくくりで考えると、将来に向かって不透明な要素が増えるばかりだ。
高い確率でこうなるだろうという姿は予見できるし、そこから脱するためには、やはりこちらも「社会的に要請される業」への昇華が必要だろう。
「あってもいい業」ではなく「無くてはならない業」への評価のチェンジ、相当ハードルは高い話だが、この考え方に共感できるメンバーが増えずに無くなっていった業は過去山程あるわけで、万一にでも可能性があるのであれば、挑戦しない理由はない。

午後より50名を越えるお客様をお迎えしての株式会社武蔵野様主催・パクリウォーカー。
社員のみんなが本当に主体的に準備をしてくれたおかげで、我社らしい見学会を実施できたと満足している。
古きに固執することなく、しかし古きを尊重しながら、新しい時代に適合しながら自分達らしさを磨き上げていく、その過程の一部をご覧いただけたと思う。

当社の取り組みに深く関心を寄せていただいたとの感想も数多く頂いた。こういったお声も非常に参考になる貴重な情報。
今日一日の疲れを頼みすぎダッカルビと頼みすぎマッコリで洗い流して、また高みに向かって登っていこう。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)