株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/5月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-05-17 21:34:32

2018/05/16 方舟伝説!


早朝勉強会@鎌ヶ谷南店&部下報告から一日がスタート。
それにしてもこの寒暖の差はなんなんだ。体調崩すぜ。

部下報告を共通のフレームワークを強制的に使わないと出来ない環境に変えてから、本質的な「思考」にエネルギーを集中して使うことが出来るようになっている。
人が人らしく、自由な発想に向かっていけるのも、土台を作ってくれる仕組みがあるからだということを実感します。

しっかり話しこみをしていくと、相談の半分ぐらいは実は家族の悩みだったりするわけで、プライベートに口を突っ込むなという価値観もありとは思うけど、当社の実力からするとプライベートに関心を寄せ、そこでの問題解決にもエネルギーを注ぐことが全体最適に繋がる可能性が高い。

からの今日は、副代表理事を務めている日本遊技産業経営者同友会の総会。
昨日からの流れを受けて、「ノアの方舟」の話をさせていただいた。
洪水が本当に起きるのか、神の声は実は悪魔ではないのか、我々は船に乗るに足る資質を備えているのか、船はどこに向かうのか、何のために船に乗るのか、船を作るべきか・邪魔するべきか。。。

メタファーを使って考えてみると、やはり一番のハードルは「何のために船に乗ろうとしているのか」という「目的」の旗幟を鮮明にすることである。
やり方はその後に議論すべきで、目的が共有できていないのに手段が共有できても何の意味もない。

業界も、企業も、働くひとも、お客様も、携わるすべての人が光り輝く存在であるために、リスクとコストを受け入れてでも船を作り、乗り込み、航海する価値がある。

我欲は原点であるけれど、生業でも、家業でも、企業でもない、「産業」を自認するからには、共感してもらえる志が大切なんだと思う。

いずれにしても環境の変化は待ったなし。
責務の一端を担っている身と自覚し、精一杯がんばります。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-05-17 21:21:43

2018/05/15 洪水警報!


火曜日仏滅、朝はきたえるーむ東寺山店での早朝勉強会&部下報告からスタート。
介護保険制度の改定があり、現場での作業も多くの変更を余儀なくされている。ガンバリズムではなく、仕組みの導入によりスタッフ一人ひとりの個性を発揮しやすい土壌を作らねば。

続いてサポートセンターで月次のPDCAマネジメントサイクルチェック。
今月からB/Sのチェックを管理部門と一緒に行うことにした。
もちろん資金繰りとあわせてB/Sのオペレーションは社長の仕事だが、数年先を見据えて人を育てるOJTとしての位置づけ。

もう一つ、「記号化」による意思決定は色々な場面で行っていると思うが、「記号」がもつ意味を検証する必要もある。でないと、現実現場を記号が映し出していないかもしれない状況に気づかないから。
最たるものが「数字」という「記号」であり、数字は嘘をつかないが、真実を伝えているとも限らないという事実に基いて「現場と数字の整合性」をチェクすることも大切です。

夕方から業界団体の総会に来賓としてご招待いただいたのでそちらに出席。
正直、数多くの団体がある業界で、お互いに招き招かれをやり続けるのは非常にコストの掛かる行事であり、相応の成果を得るのも大変なんだけど、今回は中身の濃い、ある意味エポックメイキングな一日だったと思う。

いよいよこの業界も「やり方」議論から「あり方」からブレずに逃げずに先送りせずに大きな決断をしたい・しなければならない・ただし出来るかわからない(涙)状態になってきた。
日本という国のそこかしこで似たような状況は見られると思うんだけど、我が事として気づけるかどうか、経営者のセンスが問われてますね。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)