株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/5月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-05-28 17:23:12

2018/05/26 顧客視点!


午前中は昨日の失態(パンク)のフォローで時間を失う。
もったいない。

午後から家族の買い物に付き合ってあちらこちらを転々とするわけだが、「実演販売」の力と「営業マン」の力をまざまざ体験することができた。

別日にも同じ目的でいくつかの販売店を回ってもいるのだが、正直家族は事前に持っていた「イメージ」で購入候補を決めていたみたいで、他の商品を見てもその意志が揺らぐ素振りが見えていなかった。

今日回った1件目がその本命商品を取り扱っている販売店だったのだが、実際に試用品を使ってみた後の反応がいまいち。
その店舗の対応自体は、非常に誠実だけど、悪くいうと要領が悪い。
結局2時間ほど説明を受けた後店舗を後にしたわけだが、家族いわく「使ってみたらイメージと違ってた。素敵な部分もあるけど、ちょっと。。。」とのこと。

で、2時間ほど受けた説明の会話の中で何気なく名前の上がった競合商品を見てみる?という話になり、急転直下、まったく予定していなかったその商品を見るために移動し、試用してみたところ、「これがいい」という話になった。
結果事前の「イメージ」では全く候補に入っていなかった商品を買うことになった決めてが、冒頭に書いた「実演販売」の力と「営業マン」の力ということになる。

結果的には1店舗目の営業マンが敵に塩を送る形となってしまったわけで、何気ない一言、そして、実際の商品に触れてもらうことがお客様の意思決定に重大な影響を及ぼすということ。

モノが素晴らしいだけでは素晴らしい「商品」にはならない。
大切なことはやはり「お客様体験の素晴らしさ」なんだなぁと感じた。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-05-28 12:57:38

2018/05/25 無駄回避!


朝は鎌ヶ谷店での早朝勉強会からスタート。
部下報告と相談は、緑顕性(直列収束具象型)部下に、どうやって目的目標、ミッション・ビジョンと向き合わせるかという、平たく言うとそういう相談。
ある意味、現在の日本が直面している最も典型的な課題と言ってもいいかも知れない。そんな難しい課題に答えられるほど、こちらも人間ができているわけではないので、一緒になって考えることにした。
まずはできることからやってみよう。

その後契約会場に向かって移動するが、金曜日の25日ということで車混雑が半端ない。もっと余裕を持って移動しなければ。
かつ、なんと必要な印鑑が1つ不足していることに現場で気がつく。
久々の凡打だ。前日確実に収納したはずのバッグから自動車車内にこぼれ落ちていたのを発見し、大過なく調印を済ませることができたが、世が世なら大騒ぎのファンタスティックベイベーだ。
「整頓」って、本当に大事。「ダブルチェック」って、本当に大事。

からの新規事業出店予定現地でのコンセプトメイクのためのブレーン・ストーミング。会話に耐えうる人数には上限があり、皆の意見を引き出すためには小集団での分科会を積極で実施することが大切ですね。
できることできないこと、言いたいこと伝えたいこと、まだまだお互い山盛りだと思うけど、接触の回数が「情(情報・感情)」を統合し、解決していく。

急いで店舗に戻り、PDCAチェック・・・のハズが、なんとパンクをしてしまい、30分も遅刻してしまう。
今乗ってる車ではじめてのタイヤ交換、道具が見慣れないものとか揃っているのにマニュアルがないという、これまた環境「不」整備、なんとか試行錯誤して事なきを得たけど、普段の当たり前がありがたく感じるのは、こういう小さなトラブルに数多く見舞われることが経験になる。

肝心のPDCAチェックでは、徐々に、かっこよく言うところの「データ・ドリブン・マーケティング」要素が広まりつつあることを確認。
大切なのは格好でなく実績だけど、実績を上げる確率を上げるための実力だから、やっぱりできたほうがいいよね。

今日は細々した、避けられるはずのミスとロスが多かった。
子供にも、数学勉強する意味あるんだよって、ちゃんと伝えておこう。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)