株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/6月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-06-04 17:12:38

2018/06/03 美国旅5!


早いもので、当社研修も本日が実質最終日。

午前中、初回参加者とシーザースグループのホテル、ファッションショーモールを視察後、恒例となっているWynn・ゴルフ場横でのランチ・・・と思ったら、レストランが閉鎖されてた!
Wynnゴルフコースがラグーンに変更される、その余波かな?

すかさずプラネット・ハリウッドのBurgerへ。小一時間ほど待たされたので、ブラックジャックを若手メンバーにレクチャーして時間を過ごし、新体験のハンバーガーを食べて頂く。
良きナビゲーターがいるからこそ、新しい参加人口が増えていくのは、どんな活動でも同じこと。

同行しているパートナー企業様のメンバーが希望するショーチケットの購入を手伝った後、部屋で軽く業務をこなしてから全体の報告会をホテルのカフェバーで行う。
意外な人が意外なほど回数来てるんだね。奥が深い。

で、夕食をパートナー企業経営者御一行とともにさせてもらう。
ZUMA」という、世界各地の大都市に展開している日本料理(居酒屋)は、今現在の日本食ブランドを世界がどう見ているか、という一つの解答なんだと思う。
自分たちの次世代、次々世代に「日本」がどうやって稼いでいくか、非常に重要な役割を果たすのが「ソフト・ブランド」面になるだろう。
日本文化の一つの特徴として「大衆発祥」のものが多いんじゃないかという気がしている。このあたりは文化史に詳しい方のご意見を拝聴してみたい。
西欧文化が「王侯貴族」発祥である、とするならば、非常に好対照な存在なんではないか。

その文化の一翼を、娯楽も遊技も担っている、そんな構図を世の中に広めていき、世界の平和と反映の一助となる存在として認知されるなんて未来、良くないですか?

と、話題を広げつつ、日本にいるメンバーとGoogle Meetを使っての月次面談実施。
若干Wi-Fiの不安定さが邪魔をするが、十分実用に耐える範囲の画像音声レベル。時と場所を超えての活動ができちゃうって、いいのやら、悪いのやら。

で、今から今回の視察メンバー最後の夜の戦いっぷりを見届けにちょろっと行ってまいります。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-06-04 01:40:30

2018/06/02 美国旅4!


到着3日目。

今日は終日バスでラスベガス郊外の小売店・カジノホテルを視察する。
定番の「ようこそラスベガス看板」で出発の記念撮影をした後、ホール・フーズを見学。この時点で現地ガイドさんから仕入れた情報に基づき、急遽ルートを変更、期間限定となっている人工の観光モニュメントに立ち寄ってから、超大型アウトドア専門店と隣接する郊外型カジノの視察をして、食事場所や視察商業施設も予定していた店舗と異なる同一チェーンの別店舗へ変更。
このあたりに臨機応変に対応してくれる現地スタッフの方々に感謝です。

ランチはこれまた毎回定番のin-n-out burger。
シェイク・シャックとの違いは、飽きのこないところですね。
ド定番商品が40年間変わらない、というか、ますますの支持を受け、企業も世代交代している様は、単なるハンバーガーチェーンなんて見てはいけない。立派な老舗企業だ。

充実した視察を終えて、パリスで合同夕食会。
人数が多いので会場確保も大変です。

今日で終了になる3社様と懇親を深め、夕食終了後マンダレイ・ベイでシルク・ド・ソレイユのショーを定点観測。
細かい変化がパフォーマーの入れ替わりで起きている。
基本を押させつつも個の才能を活かすってこんな感じですね。

最終日になる方々と少しだけカジノで過ごして、おやすみなさい。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-06-04 01:31:58

2018/06/01 美国旅3!


3日目のような、2日目スタート。

今日は一日徒歩でストリップの変化を案内する。
毎回少しずつ宿泊場所やらなにやら条件が変わるので、似たようなルートなんだけど少しずつ変化対応をしている。
ラスベガスの変化速度に対応しつつ、参加者のサイズ・経験値なんかでも動きが変わるので、こればっかりは事前準備よりも臨機応変力が大切かな。設計図よりも現場監督の判断といった感じ。

金曜日ということもあり、どこのホテルに行っても人では多め。
こちらに来る前は「ラスベガスでストが起こるらしい」というニュースが駆け巡っていたが、現地に来てみると実にのんびりとした雰囲気で、むしろ関心はラスベガスを本拠地にする初のプロスポーツチーム、ゴールデンナイツの活躍で街が一色になっている感じ。自由の女神やシーザーまでもがナイツのユニフォーム着ているというカオス状態。

ランチは定番となったシェイク・シャックだが、店数が増えて希少性が薄れたからか?以前のような感動は薄まってしまった。
今回の一番のびっくりはニューヨーク・ニューヨーク名物、ローラーコースターのバージョンアップ。
と言っても、コースター本体の変更ではなく、VRヘッドセットの導入。ここ数年のラスベガスに起きた変化で一番興奮したかも。

合計2万6千歩以上かけてストリップの変化を解説して、研修は終了。
老舗イタリア料理店で夕食を取り、昨晩と同じくBellagioでバカラ、前日凹んだ分を半分ぐらい取り返して、眠りにつきます。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-06-04 01:23:43

2018/05/31 美国旅2!


アメリカ時間5/31の活動報告。

ロスアンゼルス空港で乗り継ぎ、団体で移動するのでタイトな乗り継ぎスケジュールを確保できず、3時間ほどの待機が必要
と思ったら、別ルートで移動している組が乗継便の遅延で1時間半ぐたい遅れるとの連絡あり、ただし、他社様経由。
このあたりの報告感度はまだ低い当社。

自分たちの行程は予定通り進行し、半年ぶりのラスベガスに到着、が、同行する某社社長のスーツケースが壊れるというアクシデントの連続。
総勢100名を越える人間が動くと、それなりにいろんなトラブルが発生するのが当たり前ということがよく分かる。

遅れている別ルート組はホテルによらず直接夕食会場に移動してもらうこととしようとすると、バスの料金が別立てになるとの報告。
5分もかからない変更なんだけど、ドライバーの裁量がレコーダーの搭載によりどんどん無くなっているので、契約外の融通を利かせることができないらしい。このあたりは日本とあまり変わらない動きだな。

で、夕食会場につくと、参加企業1社の社長様が、これまた緊急事態発生でとんぼ返りしなければいけない事になったらしい。
以前札幌に出張した際にも同様のことがあったが、流石に海外でこの状況は大変だ!

夕食終了後、ダウンタウンに移動。
ダウンタウンはここ最近どんどん人手が増えてきている。
ジップラインも3時間待ちの状態ということで、事前予約の意思疎通が図れていなかったこともあり、今回は断念。
ストラトスフィアタワーでスリルライドを体験してもらって、ホテルに帰る。

就寝前、少しだけBellagioでバカラをやって寝ます。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-06-04 01:13:05

2018/05/31 美国旅1!


本日より複数の案件が絡んでちょっと長期のアメリカ出張開始。

に先立ち、成田空港で打ち合わせ2件。
ご縁を頂いて面白いアイデアの実現可能性について話をするが、日頃の認知活動が非常に重要だと思った。
言われてみれば自分も、自分が関知しない産業については古いイメージだけでものを語っていることが大いに違いない。
メディアだけではなく、当事者にヒアリングすることが大切。

その後成田のヒルトンホテルに移動して5社合同ラスベガス研修の出国前セミナーの講師を務める。
骨子は変わらないが、毎年数字で客観的に変容する姿をチェックできる、自分にとっても学びとなる場だ。

からの空港に移動して出国、、、と、思ったら、添乗員の確認ミスで空港と反対方面に移動するバスに乗ってしまう。
時間に余裕があるからノープロブレムも、「人は信じても人のやることは信じてはいけない」。

時と場所を越える月間が始まる。
とにかく健体ありきでがんばります。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)