株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/6月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-06-07 16:25:13

2018/06/06 美国旅8!


プレミアムセミナー実質2日目(名目3日目)。
3泊5日でラスベガスを見て歩くのは、ストリップだけでも正直しんどい。
今までの体験経験を活かしてのナビゲートで、なんとか圧縮したエッセンスをお伝えしていこうと頑張ります。

朝はミラージュまで車で移動、ストリップの一つの転換点となったホテルをサクッと紹介して、マダム・タッソー蝋人形館で4Dシアターを体験してもらう。
からのVenetianGrand Canal ShoppersPallazoと,
Sandsグループの集積を通り抜け、Wynnで昼食解散。

ランチは自由だったので、国分寺の副社長に絶品中華麺をごちそうになる。

その後Bally'sに移動し、約2時間弱のマルチメディアセミナー。
今回は社長だけでなく、ご夫人が同行されているので、各自のスピーチからも、なんか夫婦のあり方の多様性を垣間見させていただいた。

で、食事前にParisの展望台を久しぶりに訪問。入り口が変わって少し迷ったが、見る角度が変わると街が違って見えるという事を実感してもらう。俯瞰することで点と点がつながってくる。

そのまま夕食に突入、突然小山さんの記憶が蘇り、美味しい赤ワインが参加者に振る舞われる。支払いは大阪の豪腕社長。
最後のドリンクじゃんけんも、前日に引き続き意図的に決勝戦に挑戦し、見事山形の殿にお支払いいただくことができた。今回の旅行はジャンケンについては完璧だった。

そこから2班に分かれ、我々はラスベガスNo.1人気のショー「O」を観劇。何度見たか、回数も忘れてしまったが、フィギュアスケートでいうと技術点ではなく芸術点の高さのみを評価する粋に達してきていると思う。それにしても、過去最高に見やすい席だった。

からの、世界一の観覧車「ハイローラー」に移動。
乗る前は「こんなのええやん」と言っていた京都の社長も、乗ってしまえば大はしゃぎ。
未体験のゼロは、強引にでも1にすることが、その人の未知の可能性を広げるかもしれない。

明日は出発が滅茶苦茶早いので、妻にスロットで一発勝負してもらったところ、見事子役を引き当てて、前日の傷がホイミになった。
パッキングをして、仮眠します。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-06-07 07:03:30

2018/06/05 美国旅7!


本日よりいよいよプレミアムセミナー本格始動1日目。

厳選されたコース、としたいところなので、Bellagio→Cosmopolitan→Crystals→Area→MGM Park→NYNY→MGM Grand→Mandalay Bayと渡り歩き解説させていただきました。

5年ぶりに聞く小山さんの現地解説は、時間の配分や力点の置き方など、やはり勉強になる要素満載で、これでいい・これが最高ということはないなぁとまた思った。

ランチはFour seasons hotelのVerandaで。
日陰での大勢でのランチは、ピクニック気分も味わえて美味しい。

昼休憩後にLuxorでBlue Man Group Showのバックステージ視察。
ブルーマンの役を射止めるのはなんと4,000人に一人しかいないとか!超エリートなんですね、世界のトップパフォーマーは。

そのままBlue Manのショーを見る。
3度めの鑑賞だが、毎回異なるコンテンツを少しずつ入れてくる、改善の連続が世界中でロングランを続けている秘訣である。

終了後の食事はWynnでイタリアン、参加者の満足度も高く、じゃんけんの満足度も高く、最高!
からの「家族の幸せ創造ファンド事業」の始動式が執り行われ、あっという間に二家族が幸せに。(うち一家族は完全にもらい事故ww)

夜はブラックジャックで四苦八苦して行って来いペースを確保していたものの、たまたま同席した先輩経営者のプレーにズルズル付き合った挙げ句のつるりと負け。決めたことを決めたとおりに実践するのが大切ですね。

と、気づいたところで、明日に備えて就寝!


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)