株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/6月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-06-11 23:24:15

06/10 美国旅12!


朝、日本は梅雨だかなんだかで蒸し暑いそうだが、LAは爽やかそのもの。世界で一番好きな気候。

午前中は隣接する大型ショッピングセンター、いわゆるSRSCですね、こちらの中をぐるぐる見て回る。
SIMON、昔のチェルシーを買収した、そういう意味では日本でも馴染みのあるデベロッパーが作ったSCなんだけど、
・日本ブランドの数が多い
・物でなく事売りテナントが増えた
・ネットショップでなくリアルショップの優位性を訴える
・環境対策を訴える
というのがトレンドみたい。

にしても、苦境のブランドはすでにして30-40%値引きとか、1つ買うと2つついてくるよとか、たたき売りをすぐにやっちゃうんだね。

テナントとして入っている巨大な鼎泰豊でランチした後、午後は前日に引き続いてLAの住宅事情を調査。
ちょうど週末日曜日なので、数多くのオープンハウスをのぞき見させて頂く。
パッと聞いた所「うわ!安い!」とか一瞬思うんだけど、冷静に見比べているうちに、結構割高感はある物件が多いエリアを見て回ってた。日本での稼ぎを基準に考えちゃうとそういうことで、都内の高給取りが住むエリアってことなんだね、この辺は。
日本の制度と比べると、自己責任、民間活用、資産家プチ優遇みたいな性向が見て取れる。

飛び立つ羽を持っている鳥は、どんどん美味しい水場に向かっていくんだろうな。

夕食に懐かしのChipotleのサラダを食べて、早めに就寝。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-06-11 12:27:14

06/09 美国旅11!


曇り空のバンクーバー、バスと地下鉄を乗り継いで空港へ。
ホテルを出る前に預かっていた手紙を渡し忘れていたことに気づき、ポストに投函しようとするが郵便局が空いていない。
バスと地下鉄を乗り継いで空港についた後、空港職員の人に「セブンイレブンで切手売ってるよ」と教えてもらった。空いててよかった、あなたのセブン。

初の体験となるバンクーバー→LA、バンクーバー空港で既にしてアメリカの入国チェックをやるんですね。
今回の機内は至って静か、2冊本を読み終える。



空港到着後、現地不動産業者様にピックアップしてもらい、延々とロサンゼルス南部の住宅事情を視察。
軒数を見ているうちに、なんとなく感覚が身についてくるもんだ。
これぞ黄色顕性。

最前線と大本営、実施と決定のタイムラグは古今東西そこかしことで発生している古くて新しい課題で、むしろこういうギャップが有る状態がまともだと思ったほうが良い。

自動車が走り始めてから信号をつくるべきか?
信号をつくってから自動車を走らせるべきか?
そもそも信号のつけすぎで自動車が走らなかったらそちらのほうが失う財が多いのではないか?

予防と対症、どちらか一方だけでは成立し得ない。
光もあれば影もある。
影のない世界とは、すなわち光のない世界。
やり方は一つとは限らない。

どうも真のリベラルは外部に向けて自分の意見を発信しようという性向が弱いのではないだろうか?
まぁ、ぐにゃぐにゃの意見を発信するというのもなんとなくアンビバレントだけどね。

とかいいつつ、爽やかに就寝する。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)