株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/7月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-07-23 12:43:10

07/21 創人生酒!


朝一はきたえるーむ千葉みつわ台店での早朝勉強会からスタート。
現地開催になるとライブ参加してくれる社員の方もいらっしゃる。
本当はもっと現地でやりたいけれど、週2回のペースを保つと頻度が空いちゃう感がでることがあるのも否めないかな。

続いて環境整備点検、健康診断のように組織の運営状態と対策の要否が目で見えてくる良い仕組みだ。
人の出入りがあった部門で整頓のレベルが大きく低下していた。
異動の影響というよりも、異動に対するリーダーの対応力が形に現れている。まずはもう一度「定物・定位」のレベルアップを。

その後、江戸川に向かって東京六大学応援団連盟OB・OGが結成したバンドの定期演奏会。卒業後20年30年経ってもこれだけのエネルギーを発揮できるのはすごい。
ワーク・ライフ・バランスというと、まずは仕事と家庭がでてくるだろうが、更に地縁・学縁という第三のコミュニティも人生の中における役割は小さくない。
一つの例だが、自分の葬式にどんな人達が参列してくる様子を想像できるだろうか。自分の人生がこの世で持っていた意味とは。自らの在り方とは。
そんなことが頭をよぎる時間でもあった。

終演後、再び千葉に戻ってグループ懇親会に出席。
日頃の情報収集とEG・エナジャイザープロファイルを組み合わせることで、なかなか口には出しづらいであろう、各人が持つ悩みなんかも想像することができる。
困ったときはお互い様、自分でなんとかしようと思うだけではなく、職場や会社の仲間を頼ることも、貴重な選択肢である。
自分だけで抱え込んでいると爆発するような悩みも、他人に打ち明けてみると、多くの場合は「些事」であり、相談するだけで解決したのと同じぐらいの効用があるといえる。
そのための機会づくりが当社で実施している各種コミュニケーション創出制度の目的であり、お酒はその手段の一部である。

ことを肝に銘じて、仲間とともに楽しいお酒を楽しんでもらいたい。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


2018-07-23 09:01:05

07/20 不味中華!


早朝会議をサポートセンターで。
カラオケボックスの売上が変調を起こしている。
直近でもシダックスがB&V社にカラオケ部門の子会社を売却したニュースが何かと話題だが、世の中のニーズが大きくうねり始めていることを感じる。
変化対応は、まずはお客様ニーズの変化を知ることから。

2件だけ調印があったのでそちらを済ませてから一路六本木へ移動。
いつもの会場が抑えられないということで、日本遊技産業経営者同友会の月例会がいつもの御徒町から、一気に六本木に場所を変えたため。
それにしても、屋外の暑さと室内の冷房ギャップが体に堪えるね。

話自体は古くて新しい根っこに近い問題の議論。
ちょうど国会ではIR推進法の審議が架橋に入っていることもあり、日本という国のグランドデザインですら見直しの時期に入っているのだから、中小企業はなお自らのグランドデザイン、ビジネスモデルをブラッシュアップしていかないと、夢がない。

会の最後にはリカバリーサポート・ネットワークで実務を担当された人の体験談を30分に渡って伺う。
想定以上に伸びしろがある業務だと思うし、業界が数多く実施している「CSR活動」も定期的なアセスメントしないとね。

にしても、これだけの人数になると懇親会会場の確保も大変だ。
正直、味よりも場所ありきなので、しょうがない。
夏バテでへたらないよう、食べるものはしっかり食べよう


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)