株式会社ヒカリシステム社長
金光 淳用のblog

Calender

2018/8月
先月先月 翌月翌月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Follow me on twitter

Profile

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
→應援指導部で得た単位が9割(?)
1996年4月 大手化学メーカー入社
→大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える
→薬の原料を担いで亜細亜〜欧州〜米国廻り
→5回行った印度でもお腹は壊さず
2000年2月 当社に入社
→半年間の修行で東北へ
2000年5月 取締役に就任
2004年11月 代表取締役社長に就任

2人の娘の不出来な父
ゴルフは・・・目指せ100切り!
●2008年は唐突にunder90が目標になりました
●2008年5月、100は切りました
●2008年9月、あと5つです
◎2008年、目標未達です(´・ω・`)
◎2009年、再び目標under90にします
◎2010年、7月26日に90を切りました。(^^)次はunder80です。

最近の記事一覧

コメント一覧

2018-08-05 09:31:50

2018/08/04 理解責任!


午前中は毎年開催している「子供会社見学会
今年は22家族様にご参加いただいて、会場もいっぱいいっぱいの大盛況。
実行委員のみんなもきぐるみ着たり、普段接触の少ない小さいお子様の対応とか、なんやかんやお疲れだったと思う。
この子達が安心して成長していける場を拡げる、これは当社の最も重要なミッションです。

午後、新規事業のミーティングで東寺山のセミナールームへ。
外の猛暑と隔絶され、普段にないリラックスした環境でイメージを具体化する作業、あっという間に3時間ぐらいの打ち合わせが終わる。

で、テレビで飽きもせずにガンガン流しているネタと当社のチーム状態をベンチマークして考えてみたりする。
そもそも、本を読んでも漫画を読んでも野次馬ネタを見ても、考えることはそこで見たこと感じたことを、いかに自分の関わるチームにプラスエネルギーで取り込んでいくかということ。

そういうしてんでみると、単なる野次馬根性で時間を無駄に使うのではなく、学びの教材として活用することができる。

実態はわからないけど、見ていて感じることは、この会長さんは特別具体的な悪意や我欲を達成しようという行動を計画的にとっていたわけではなく、なんとなくにじみ出るエネルギーを周りの人が勝手に読み違えて(いわゆる最近で言う"忖度")結果として世の中の常識の変化からすると隔絶された状態に陥ったんだろうなということ。
そういう意味では、矢面に立っている会長が一方的に「悪い」ということはなく、告発したとかいう人達も含めて共同正犯何ではないかと思う。

類似事項は自分たちのチームでも大なり小なり起こっている可能性が非常に高い。
砕けて言うと「小さな親切大きなお世話」だ。
それも本当の親切心からやっているのではなく、「自己保身したい」という、これも結局は我欲から生じた行動を取り続けての結果だとするならば、なんとお互いもったいないことをしていることか。

確実な解決方法は、「尋ねる」という、誰でもできる行動一つである。
相手の真意を知りたいと願い続けること、相手の真意に応えたいと願い続けること、このはてな期仮説と検証の繰り返し+ひらめき注入力が、いわゆる「コミュニケーション力」を構成するのではないだろうか。


皆様からの率直なご意見・ご感想をお待ちしております。
「ほほ〜ぉ」とうなるコメントはこのコーナーでご紹介させていただくことがございます※1。どしどしお寄せください。
※1:コメント送付についてのご注意

金光淳用へコメントを書く


My Network

RSSリーダーへのご登録が可狽ナす
Syndicate this site(XML)