株式会社ヒカリシステム社長 金光淳用

  1. その他ブログ

新年初夢!

元日は毎年ルーチンに従った動きをする。

朝一は家族で墓参。今年は特に寒く、花を生けようにも水が出ない、花台に残った水が凍っているという状態。来年からはお湯を持参しなければ。

朝食後はパチンコ部門の新年挨拶で千葉県内の店舗を巡回する。今年は初めて妻(取締役様です)を伴っての巡回という試み。例年交通量は増えてくるし、外食の場所に事欠かないのも慣れてきた。一方で、一部外食チェーンが正月休みを取るようになってきたり、正月の過ごし方ひとつ取っても「多様性」というか「エントロピー増大の法則」というか、ますます「選ぶ事」「選ばれる事」の大切さが増しているように感じた。

そういえば、大晦日に家族で某ルーチンお笑い番組を見ている最中に印象に残ったCMがあったな。山本漢方。シカト胸に響くクリエイティブだった。

それにしても、毎年のことだけどこの時期は事業のありがたさをヒシヒシと感じる。娯楽が世の中に求められていること、娯楽を提供するために多くの人の手間暇がかかっていること、人の幸せは朝起きてやることがあること、そんな事を現場の空気が教えてくれる。サービス業の醍醐味は消費者の意思決定の瞬間に日々日々刻々と向かい合い続ける事だと思う。サービスは在庫が効かない。生産と消費が同時期に行われる故の難しさと愉しさ。

加えて、極めて人間らしい活動、すなわち「無から意味を見出す」という活動の一つの究極系が「遊び」ということも遊技場の空気が教えてくれる。

ファッションブランドも、ギャンブリングも、アイドルも、生命保険も、教育も、倫理も、宗教も、お金も、そのものに「価値」を与えているのは人間の想像力な訳で、自らの想像力の埒外にあるこれら想像の産物のことを「虚業」と呼ぶ人は、一言にするなら「想像性の欠如症候群」と呼ぶべきであろう。

現場のみんなの新たな抱負を聴きながら、冷たい空気に触れながら、そんな事を考える毎年元日は過ぎていく。

その他ブログの最近記事

  1. 足で稼ぐ!

  2. 需給調整!

  3. 新年初夢!

  4. 年末も一日也!

  5. 第102回環境整備点検!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

金光 淳用

1996年3月 慶應義塾大学経済学部卒業 →應援指導部で得た単位が9割(?) 1996年4月 大手化学メーカー入社 →大阪の生活でつまらない駄洒落の快感を覚える →薬の原料を担いで亜細亜~欧州~米国廻り →5回行った印度でもお腹は壊さず 2000年2月 当社に入社 →半年間の修行で東北へ 2000年5月 取締役に就任 2004年11月 代表取締役社長に就任 2人の娘の不出来な父 ゴルフは・・・目指せ100切り!

ツイッター

bee Happyチャンネル

PAGE TOP